耐震構法SE構法

耐震構法SE構法

SE構法は『木』+『金属』だから骨組みが強い。東日本大震災で倒壊ゼロ、その強さが証明されました。

●結合部分が強靭です。

強度の高い集成材の接合部に独自の金物を用いるSE構法は、在来の軸組工法と比較して断面欠損の少ない、より強靭な接合部であることが最大の特徴です。柱と梁のみの骨組みで、揺るぎない強度を発揮します。

●骨組み全体で建築を支えています。

柱と梁で建築を支える構造を「ラーメン構造」といいますが、SE構法は、接合部を強化したさらに堅牢なラーメン構造です。骨組み全体で建築を支えるため、家そのものがまさに大黒柱といえる構造となっています。

●安全で多彩な空間表現が可能です。

柱や区画の壁が少ないため、光を取り入れる大きな開口部や窓・出入り口、また柱のない広々としたLDKや大きな吹き抜け空間まで、耐震強度を保ったまま、安全に表現することができます。

●東日本大震災でもその強さを実証しました。

先の東日本大震災における、SE構法で建てられた建築の地震・津波による倒壊はゼロでした。地震国日本で安心・安全に暮らしていくためにも、耐震構法・SE構法をご検討ください。

<耐久性> 鉄骨やRC造、大規模建築物と同じ方法で構造計算を実施。

一般の木造建築では、構造計算は必要とされていません。しかしSE構法では、鉄骨やRC造と同じ方法でしっかりと計算しています。それは、「人の安全は、耐震性能や耐久性能などの安全性能によって守られるべきである」という考えに基づくもので、平屋や2階建であっても例外ではありません。

耐久性能においては大震災に見舞われることをあらかじめ想定・検証しているため、木造住宅では類をみないような、耐震性に優れた、広くて自由な空間づくりを可能としています。

<可変性> 住み継ぐための『スケルトン&インフィル』という思想。

子どもが増える」「二世帯暮らしになる」など、家族構成は次第に変わっていくものです。そんなライフスタイルの変化に応じて間取りを変化させられるのが、『スケルトン&インフィル』の考え方です。

木造ラーメン構造のSE構法なら、躯体や基礎、外壁などの構造部分(スケルトン)と内装や設備、間仕切りや壁など(インフィル)を分けて設計するため、リフォームによってインフィルを大きく変えていくことができます。資産価値の向上にもつながる、SE構法の性能のひとつです。

<構造材> 断面欠損が少なく、地震に強い接合部。

一般的な木造住宅は、接合部に柱や梁をホゾ継ぎするため、断面欠損を招き、構造本来の強度を低下させてしまいます。

SE構法は、大きな揺れに対して「接合部が破壊されない」技術を追求しているのが最大の特徴です。独自開発のSE金物を使用した断面欠損の少ない構造によって柱と梁とを接合し、優れた耐震性能を実現しています。

「耐震構法SE構法」に関するお問い合わせはこちら

「耐震構法 SE構法」オフィシャルサイトはこちら

ページの先頭へ